スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3000hits記念イラスト 

3000hitsきねん
クリックで大きくなります



【ペム・パチョ】


現在モパモパ高原にしかその生息を確認されていない、
謎多き生き物。
植物か動物かの明確な区別はされていない。

花が咲くまでは地中ですごし、ヘソのような部分から
根を出し養分を得て育つ。
花が咲くと同時に根を自切し地上へ這い出し、
受粉活動のために動き回る。
地上へ出てからは地中生活で蓄えた養分で動くので、
活動期間は短く、3日ほどで花は枯れ、死ぬ。

眼はついているが、視力は悪く、動物や人間などの天敵が
近づくと逃げはするものの、動きが鈍いのですぐ捕まる。
知能も虫なみといわれている。
花を食べられたりもがれたりすると、死ぬ。

その花には虚弱体質、風邪、高血圧、関節痛などに幅広く
効能のある成分が含まれており、古来より現地の人々からは
「医者いらず」と大変重宝されているが、花以外の部分には
特に何の効能も栄養もなく美味でもないので、花をもがれると、
だいたいそのまま捨てられる。

しかし、現地の人々はこの生き物を聖なる存在としており、
この「ペム・パチョ」という名前も現地の言葉で「神の使い」を
意味している。
収穫期間である7日間、人々は感謝祭をおこなう。
老若男女、頭にペム・パチョの花を飾り、奇声を発し独特の
動きをしながら町を練り歩く、というもので、
この期間は海外からの観光客も多い。


      


3000hits記念イラスト、ようやく更新できましたーー
もっと早く更新しようと思えばできたはずですが、上の設定を
たらたら考えたり、ポテチ食べたりいわし骨せんべい食べたり
してる間に、時間が過ぎ去っていました。

ノイローゼを乗り越えられたかはわかりませんが、時間をかけて、
自分なりの美少女イラストを描けたと思います。

でもイラストというのはちゃんと描こうとすると、色とか構図とか、
大変ですね。
今回のも構図が微妙にうまくいかなかったというか、そもそも
どんなのを良い構図というのか分かってないというか、つくづく
勉強不足を思い知らされました。

あと、昼なのか夜なのか分からない感じも、違和感を与えるかも
しれませんが・・・
架空の世界という設定だし、きっと許されると思います。


↓ランキングに参加してます。よければポチッと!
にほんブログ村 漫画ブログへ 人気ブログランキング
Web Comic Ranking
スポンサーサイト
[ 2009/03/29 19:45 ] イラスト | TB(0) | CM(3)

女の子を描く練習 

練習・少女

記念イラストの案を考えていて、
たまには美女を描きたいなぁ~と思って、チラシの裏に久々に描いてみたら、
描けないなぁ~ということに気がついてしまいました。

それで4日間ぐらい(といっても1日につき1~2時間程だが)、
雑誌などを参考に延々と女の子の顔ばっかり練習していました。

そしてふと気がつくと、上の画像ような、ノイローゼの人が描いたみたいな
顔とか目とかだらけの気味の悪いスケッチが数枚、転がっていたんです。

実際、「美女描けないノイローゼ」にはなってたのかもしれません。
描いても描いても、なかなかイメージどおりの可愛い女の子が描けないんです。

理想は、「リアルな可愛さをそのままに、ちょっとデフォルメさせた感じ」なのですが、

なんかしらないけど私が描くと、みんな薄気味悪い顔になってしまうんです。
(画像ではよく見えませんが、特に左下の女の子の微笑が薄気味悪いです。表情を笑わせるととたんに薄気味悪くなります。)

可愛くない娘だったら割と簡単に描けるのに。

そもそも自分は漫画でも、美女をほとんど登場させることがなく、
ついでにここ数ヶ月はちんちくりんのUMAばかり描いていたわけですから、
決定的に美女を描く機会が少なかったのです。

ずっとちんちくりんの漫画一筋でいくならいいのかもしれないけど、
美女が出てくる漫画もいつかは描きたいなーと前から思っていたし、
イラストにしても漫画にしても、美女は描けた方がいいだろうし、
なんとか可愛い女の子を描けるようになりたいのですが、やはりそう簡単にはいかないものですね。
もっと練習しとけばよかったです。

次回、イラストお披露目の予定ですが・・・まだまだ先は遠そうです。
[ 2009/03/13 02:40 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ケロチュウシリーズを振り返って 

最近なにかと忙しく、またもやご無沙汰してしまいました。
忙しい、と言っても、ハタから見ればそうでもないと思います。

ただ私の場合、1日動き回ると2日は休まなくてはいけなくて、
そうなると3日動き回ったら6日休まなくてはいけなくなるので、
なかなか何をするにも時間がかかってしまうわけです。(ひどい言い訳です)


さて、本題に入るとしましょう。
今回は、「ケロチュウシリーズを振り返って」というテーマで書かせていただこうと思っています。

「振り返って」ってことは、ケロチュウシリーズはこれでおしまいか!?
と、数少ない熱狂的なケロチュウファンの方々はショックで人生に絶望しかけているかもしれませんが、どうかはやまらないでください。
決定したわけではないです。
ただ、じゃあ続編を描く気はあるのかと聞かれたら、正直なんともいえず・・・

思い返せば、シリーズ始めたてのあの初々しい頃は、
「第五弾くらいは余裕で描いちゃうぞ!大長編にしちゃうぞ!」
などと野心に燃えていたものですが、さすがに9ヶ月も
あのカエルだかネズミだかのヘンな生き物ばかり描いていると、
だんだん嫌気がさしてくるというか・・・

第三弾『ケロチュウとエコおじさん』で、やけにエコおじさんの出番が多く、
まるでおじさんが主人公であるかのような展開へと偏ってしまったのも、
それが一つの要因と思われます。

可哀想なケロチュウ。
生みの親である作者にまで、「こいつ描くの飽きた」
なんて言われて放り出されて・・・

やっぱりどこまでも幸の薄いやつです。このままでは彼が報われません。

ならばせめて、そんな彼の短くはかない青春の日々を振り返るくらいは、
してあげてもいいんじゃないか。
いや、自分にはそうする義務があるんじゃないか。

というわけで、ふり返ってみました↓



☆ケロチュウアルバム☆

第一弾『ケロチュウとナメクジさん』の頃の彼
歴史1
初めの頃の顔はあまり可愛くなかったですね。なにげに出ベソだし。
でもそのせいか、いちばん幸の薄さが滲み出ている頃でした。



第二弾『泳げ!ケロチュウ』の頃の彼
歴史2
ちょっと眼がパッチリしましたね。少し可愛くなりました。



第三弾『ケロチュウとエコおじさん』の頃の彼
歴史3
ますますパッチリしてきましたね。
最初と比べると、整形疑惑をかけられそうな勢いです。

ついでに、今後続編が出ないとも言い切れないので、その時の彼の
目玉の大きさも予測してみました。












第四弾以降の彼(予想)
歴史4
気持ち悪いですね。でもいちばんUMAらしい。

以上


ということで、「青春を振り返る」と言っておきながら、
ただ目玉の大きさを比較・予想しただけになってしまった、ケロチュウアルバムでした。
しかし改めて見てみると、自分でもびっくりするくらいの変化です。
意識的にそうしていったわけではないのですが、不思議ですね。

それにしても彼、最後まで散々な扱いですが、そうは言いつつも、
やっぱり私はケロチュウが大好きなんです。
この世で一番ケロチュウを愛している自信はあります!(描いた本人ですからまあ当たり前ですね)

おじさんの帽子
おじさんの帽子(色鉛筆)


さて、話は変わって今後のことですが。
こうしてケロチュウもひと段落したわけですし、なにか新しいことをしたいなーと
あれこれ考えています。

そういえば、
気がついたらありがたいことにカウンターも3000hits超えを達成してるし、
気がついたらこのブログも開始から一周年、という節目も迎えてることだし、
それ用の記念イラストなども描きたいです。

漫画の方は新たに考えてないこともないですが、まだどうなるか分からないので
今は詳細は控えます。

当分はあまり制約など設けず、気ままに更新していくと思います。
ますます統一感のない意味不明なブログになるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

長文になりましたが、お付き合いありがとうございました☆



おまけ
おまけ

↓いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログへ人気ブログランキング

 Web Comic Ranking
[ 2009/03/06 02:50 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。