スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画の感想「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 

せっかくケロチュウの方が盛り上がってる最中に
なにも映画の感想書くことないのですが・・・ご了承ください。
(しかもちょっと長いです)


映画「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」を観に行きました。
とても面白かったです。

以前観た、この映画の監督ギレルモ・デル・トロの「パンズ・ラビリンス」が
強く印象に残っていて、Yahooの映画レビューを覗いてみたら評価も
なかなか高いのでどうしても観たくなり、先に一作目のDVDを観た後
劇場に向かいました。

この作品では、
ダークファンタジー的な世界観、
グロテスクでありながらも美しい独特の姿をした魔物たち、
といった「パンズ・ラビリンス」でぐっときた要素が期待以上に
たくさん詰め込まれていたので、ちょっと興奮してしまいました。

でも、そういったビジュアル面だけでなく、
主人公とその仲間達のやたら人間的なキャラクターや
彼らのユーモア溢れるやりとり、それぞれの恋、その切なさや、
敵であるヌアダ王子の横暴さの奥の哀しみなど、
登場人物(?)たちがおりなすドラマも、とても魅力的でした。

家でDVD観るのが一番と思っているぐうたら人間ですが、
はるばる電車に乗って映画館まで行った甲斐があったなあ、
としみじみ思った映画でした。

しかしなぜかこの映画、近くの映画館ではポツポツとしか上映されてない
みたいだし、公開後そんなに経ってないと思うのに、今日行った劇場では
はやくも上映最終日になってたし。しかも最終日というわりに私と母の他に
3~4人ぐらいしか観客がいなかったし、どういうことなのでしょう・・・?
よく分かりません。

そんな疑問と幸福な余韻の中、主要な登場人物レッドとブルーを
記憶だけを頼りに描いてみました





ひどい。
ひどすぎる。
この絵を見た限りじゃとても面白そうな映画とは思えないでしょうね。
絶賛しといてこの出来・・・・・
もちろん、本当はもっとカッコイイのです。
スポンサーサイト
[ 2009/01/30 06:20 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kuromannji.blog102.fc2.com/tb.php/102-bf4c1c12







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。